食事

イソフラボンが入っている化粧品って?

イソフラボンが入っている化粧品のクリームタイプのものは、使用感がサッパリしているのにも関わらず、お肌がモチモチしてしっとりと潤ってくれると、大変人気があります。
イソフラボンというのは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似ている構造式であり、また作用も似ているという大きな特徴を持っている成分となります。
そもそもエストロゲンというのは、お肌のトラブルに対しても効果の期待することの出来る女性ホルモンです。

そしてエストロゲンは女性らしさを構成しているホルモンであり、女性ホルモンというのは、月経周期に合わせながら分泌をしていきます。
エストロゲンは生理が終了してから分泌が増加し、そして排卵の直前になってピークを迎えています。
簡単に言えば妊娠しやすい時期になると最も分泌されるという性質を持っているワケです。

またその分泌が活性化している時にはお肌の状態もとても良くなってきます。
これはエストロゲンの働きによって女性のお肌を美しくしてくれているのです。
水分もあり、潤った状態はもちろん、それだけではなくお肌の真皮に存在しているコラーゲンの合成を促進してくれます。

コラーゲンというのは、お肌のハリを持たせるためには必要な成分であり、またシワやたるみなどのお肌トラブルを予防してくれます。
さらに皮脂の分泌も減少することになりますので、ニキビなどといったトラブルも減ってくる時期となります。
また、エストロゲンの影響というのはお肌だけに限ったことではなく、精神的にも落ち着かせることが出来る効果もあります。

このようなエストロゲンに似ている作用を持っている成分がイソフラボンなのです。
しかも、イソフラボンの材料は日本人にとっては馴染みの深い大豆となっていますので、安心して摂取することが出来ます。
年齢を重ねることによってエストロゲンの分泌が減少してきてしまいますので、イソフラボンが配合されている化粧品を使用すると大変効果的です。

Site Menu

Copyright(C) 2013 とにかく欠かせない重要な栄養素 All Rights Reserved.